肌トラブルをできるだけ回避する食べ物

肌トラブルをできるだけ回避する食べ物

肌荒れには色々なものがあります。
ニキビであったり、大人アトピーであったり、シミなど、年齢を重ねるごとに肌のトラブルは毎日のように起こりますが、それをできるだけ回避する食べ物がこちらです。

 

ビタミンCを多く含んだレモンなど

 

レモン以上日ビタミンCを多く含んだ食べ物はないと言われているくらい、レモンは肌にとって良いものです。
ビタミンCが足りない肌は、ニキビもできやすく、肌の張りなども悪くなります。

 

レモンをレモン水として飲んだり、色々な料理にかけて食べましょう。
さらに、それよりもビタミンCが高い保有量が高いとされるローズヒップティーなどを日頃から飲むようにしましょう。

 

繊維質の多い食べ物をとろう

 

繊維質が高い食べ物を摂ることで何があるかというと、背にが便秘回復に効果を奏してくれるので、これがおすすめなのです。
便秘を回避することで、お腹の中に不要なものを貯めることがなくなるので、肌トラブル、ニキビなどを主に防ぐことができます。

 

では、一体どんなものがそういった効果があるのかというと、一般的に根菜類はその効果を高める働きがあります。
例えば、レンコン、それにゴボウやににんじんや大根などはおすすめで、これらを積極的にとりましょう。

 

フルーツを朝一に摂るのが効果的

 

ただ単にフルーツを摂取するのでは効果はありません。

 

朝一、もしくは、胃が空っぽの状態の時に生ものであり、酵素をたっぷり含む果物を摂取することに意味があるのです。
というのも、果物は基本的に生で食べますよね。

 

それを朝一に摂ることによって、フルーツに含まれている酵素が腸に動くことを働きかけるのです。

 

ただ、朝一でなくても、通常、6時間以内に食べたものは消化されるようになっています(牛肉はそれ以上かかることもあります)。
ですので、この期間を経て果物を摂るのであれば、ダイエット効果や肌荒れう防止効果がありますから、消化時間などを計算して果物を食べましょう。