日焼け止めの紫外線を防ぐ効果はSPFを見ればわかる

日焼け止めの紫外線を防ぐ効果はSPFを見ればわかる

日焼け止めによってどれだけ紫外線を防ぐ効果があるかはSPFを見ればわかると思います。

 

 

基本的にはSPFが高ければ高いほど効果があるといわれていますが、実際は塗り方を間違えると全く効果の無いものになってしまうのです。よく電車の中で日焼け止めを塗っている方を拝見しますが、日焼け止めは塗ってすぐには効果が現れません。ですので外出する30分前には塗っておくことが大切です。

 

 

またSPFの高さですが、こちらも塗った直後の効果を表しています。日焼け止めの効果は時間がたてばたつほど薄れてきてしまうので、細かな塗りなおしが必要です。私のおススメとしましては、クリームやジェル上の日焼け止めを塗ったあとにパウダータイプのものを重ねる方法です。この方法ですと日焼け止め独特のべたつきも感じなくなるだけでなく、落ちにくくなるので日焼け止めの効果も高くなります。顔だけでなく耳の裏や首の裏、デコルテまでしっかりと忘れずに塗ってください。汗をかいたり時間が経ったときには一度汗ごと水で流して塗りなおすのが肝心です。

 

 

上から上からどんどん重ねていくとべたつきがひどくなるだけでなく、崩れやすくもなります。また、勘違いされている方もいるのですがSPF30の日焼け止めとSPF20の日焼け止めを重ねてもSPF50の効果は無いのです。ですがSPF50の物を使うよりも肌に優しいので、SPFの低いものを使かってこまめに塗りなおすほうが効果的です。

 

 

敏感肌や乾燥肌の方にも優しい商品がどんどん出ていますので、自分に合った商品を見つけられます。薄化粧が好きな方は色付きの日焼け止めとパウダーだけでメイクも完了です。日焼け止めは家庭用と外出用の2つを購入すれば塗り忘れることもないでしょう。

 

 

汗でどんどん流れてしまうので夏場はいつも手の届くところにおいて、気がついた時にすぐに塗れるようにしてください。シミができた後に美白を頑張るよりも、日焼け止めでしっかりと紫外線を予防することが大切です。