シミの原因は、大きく分けて3つ!それぞれの対策法

シミの原因は、大きく分けて3つ!それぞれの対策法

シミのないキレイな肌は、多くの女性の憧れでもあると思います。

 

シミになってしまう大きな原因は紫外線です。もちろん、これは間違いではありませんが、紫外線だけが原因ではないのです。
しかし、どのタイプのシミであっても、紫外線によって悪化するということは共通していることです。

 

シミの原因は、大きく分けて3つあります。「紫外線」「摩擦」「新陳代謝の低下」です。

 

紫外線を浴びると、細胞を守るためにメラニンが生成されます。これは誰にでも平等なものです。
通常、メラニンが生成されても、肌の新陳代謝と共に体外へ排出されるため、シミにはなりません。しかし、新陳代謝が遅れてしまうことで、メラニンが排出しきれずに残ってしまい、これがシミとなってしまうのです。

 

また、過剰なメラニンの生成も、シミの大きな原因のひとつです。新陳代謝でも追いつかないほどのメラニンが生成されてしまえば、当然メラニンが残ってしまいますので、これもシミになってしまいます。
紫外線以外にメラニンが生成される原因となるのが、肌の炎症や摩擦です。ニキビや虫さされによる炎症、間違ったお手入れによる肌への摩擦は、メラニンの過剰な生成の大きな原因です。

 

シミが作られる原因がわかれば、美白対策方法も見えてきます。
普段から意識することで、新たなシミを作るのを防ぎ、今あるシミを改善することができます。

 

まずは、紫外線対策です。

 

天気や季節に関係なく、紫外線をカットすることが大切です。太陽を浴びることは体にとって必要なことですが、美白のためには紫外線はカットしなければなりません。
外出時間や季節に合わせた日焼け止めクリームなどを使うようにしましょう。

 

そして、シミを排出するためには、正常な新陳代謝が必要です。
規則正しい生活と、バランスのとれた食事、質の良い睡眠を意識することで、遅れた新陳代謝を正常な状態に近付けることができます。

 

そして、出来る限り、肌への摩擦や刺激を与えないようにしましょう。
肌は、想像以上にデリケートです。洗顔やお手入れの際、優しく丁寧にしてあげて下さいね。